fc2ブログ
バルたんのプラモ侵略日誌
2024/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2024/05


2024/04/14(日) 22:21 MD450
エレール72 MD450ウーラガン(2)
 まずは主翼を胴体に接着しましょう。

 下面後方の接続部分に少々隙間が生じるので、ここは伸ばしランナーで埋めました。
s-DSCN8987.jpg

s-DSCN8988.jpg

 機首下面の前脚収納庫と機銃パネルを接着します。

 ここも少々段差が生じるのでパテ埋め&ペーパー掛けで処理します。

 次は水平尾翼とチップタンクのフィンも下地を青で黄色い星を描きます。
s-DSCN8989.jpg

 そして今、難儀しているのがチップタンクの☆です。

 曲面にたくさんの☆が描いてありますが、デカールや塗装図を見ても正確な形と大きさがはっきりしません。

 デカールの透明部分が気になりますし、タンクの強めのRに馴染むか不安です。

 デカールの☆を一つ一つ切って貼ればいいのかもしれませんが、私にはできそうもありません。

 やっぱり手描きしかないなぁ。
s-DSCN8990.jpg

s-DSCN8991.jpg

 チップタンクを青で塗ってピンクで☆を下描きします。

 この☆を手描きするだけで、すでに三日かかっています。

 主翼のラウンデルが残っているので、こちらも描いてしまいましょう。
s-DSCN8994.jpg

 まだ☆は下塗りのままなので、続きは黄色で塗るところから再開しましょう。

 ではまた。

 
スポンサーサイト




コメント:2

2024/04/07(日) 22:11 MD450
エレール72 MD450ウーラガン(1)
 6機目のフランス機、ダッソー・ウーラガンです。

 前作を作り終えた翌日から着手しました。今日で10日目です。

 前脚式で、どう見てもテールヘビーなので錘を入れたいのですが、空間があまりありません。
s-DSCN8978.jpg

 インテークパーツの隙間に釣り用のガン玉と鉛板を詰めました。
s-DSCN8979.jpg

 コックピットの周囲にも鉛板を貼り、後方バルクヘッドにパチンコ玉をエポパテで固定しました。

 今のうちに、胴体左右のマーキングを済ませましょう。
s-DSCN8981.jpg

s-DSCN8982.jpg

 国籍マーク、ストライプ、垂直尾翼の星、ラダーの塗分け。
s-DSCN8983.jpg

 機首のマークは左に黒い騎士、右に赤い悪魔です。

 コックピットフロア、壁面はつや消し黒、シートはグリーン2色で塗り分け。
s-DSCN8984.jpg

 計器盤はデカールがないのでメーターを手描きしました。

 インテーク仕切り、コックピット、ジェットノズルを挟んで胴体左右を接着しました。
s-DSCN8985.jpg

s-DSCN8986.jpg

 機首にちょっと隙間ができるので、瞬着で埋めてペーパー掛けします。

 今日はここまでです。

 

コメント:4

2024/03/31(日) 22:14 NiD622
エレール72 ニューポール・ドラージェNiD622(2)完成
 NiD622、27日(水)に完成しました。

 上翼に小インテーク、マスバランス、胴体に風防、足掛け、テイルスキッドを接着。

 今回は箱絵を参考に、リベットを銀色で描いてみました。

 上翼を胴体と接着して、レイヤーバイオレットでフィルタ、マルチブラックでスミ入れして完成です。
s-DSCN8962.jpg

s-DSCN8963.jpg

s-DSCN8964.jpg

s-DSCN8965.jpg

s-DSCN8966.jpg

s-DSCN8967.jpg

s-DSCN8968.jpg

s-DSCN8969.jpg

s-DSCN8970.jpg

s-DSCN8971.jpg

s-DSCN8972.jpg

s-DSCN8973.jpg

s-DSCN8974.jpg

 張り線がなかったこともあって、二週間で完成です。

 そのうち張り線のある機体も作ってみたくなりました。

 そしてすでに着手しているキットはこちら。

 同じくエレール72のダッソー・ウーラガンです。
s-DSCN8976.jpg

 まだまだフランス機は続きます。

 

コメント:4

2024/03/24(日) 22:24 NiD622
エレール72 ニューポール・ドラージェNiD622(1)
 今回から複葉機のニューポール・ドラージェNiD622を作ります。

 複葉機なんて大昔にレベルのフォッカーを作って失敗して以来、敬遠してきました。

 組説どおりにコックピット、主脚周り、プロペラと進みます。
s-DSCN8945.jpg

 内部の色はアイボリーの指定ですが、持っていないのでセールカラーを塗りました。

 胴体には大きなニワトリのマーキングとラダーの塗分けがあるので、左右を貼り合わせる前に描いてしまいます。
s-DSCN8946.jpg
s-DSCN8947.jpg

 主翼のラウンデルや番号も先に描きましょう。
s-DSCN8948.jpg

 ラダーに描かれている文字も細かくて老眼泣かせです。

 胴体左右を貼り合わせ、最初に作った主脚やプロペラを接着し、機体色のグリーンを塗ります。
s-DSCN8951.jpg

 筆塗り二回目。
s-DSCN8953.jpg

 筆塗り三回目の途中。
s-DSCN8956.jpg

s-DSCN8957.jpg

 主翼上下のグリーンを塗り終えたらスミ入れして上翼を接着しましょう。

 今日はここまでです。

 今月中に完成させたいですね。

 

コメント:4

2024/03/17(日) 22:06 アールエットⅢ
エレール72 アールエットⅢ(3)完成
 週の途中、13日に完成しました。

 雪山にも降りる救難ヘリなので車輪にスキッドを接着しました。

 スキッドと脚柱を結ぶワイヤーは伸ばしランナーで再現しました。

 汚しやスミ入れは軽めにしました。
s-DSCN8939.jpg

s-DSCN8940.jpg

s-DSCN8941.jpg

s-DSCN8942.jpg

 これでフランス機は4機目です。

 当然、次もフランス機です。

 同じくエレール72のニューポール・ドラージェNiD622を作ります。
s-DSCN8943.jpg

s-DSCN8944.jpg

 ではまた。

 

コメント:4

NextPage